フリードリッヒIII世

明るい艶消しまたはガルバニックブラックのシルバーダイヤルを備えたフリードリッヒIII世はクリアで控えめな装いです。

ケース
[[var.haus]]
ダイヤル
[[var.blattfarbe]]
[[var.zeiger]]
[[var.zeigerfarbe]]
「お問い合わせください」
巧緻な精密装備
キャリバー
マイ ラング・アンド・ハイネ

仕様

ケース
ムーブメント
ダイヤル

明るい艶消しまたはガルバニックブラックのシルバーダイヤルを備えたフリードリッヒIII世はクリアで控えめな装いです。

この時計のミニマルな外観は貴重なディテールを断念することなくシンプルさを楽しむスタイルを象徴しています。わずかに湾曲した後側のサファイアクリスタルを通してキャリバーVIの姿をつぶさにご覧いただけます。三角形状の輪列ブリッジによって歩度が安定し、小さな建築の傑作にも似た、紛れもない本物のラング&ハイネです。


このモデルの背後にいる支配者は ? モデル名の由来 フリードリッヒIII世

キャリバーVI

直径
14 ¼ ライン (33 mm)
厚さ
4,9 mm
振動数
18.000 振動/時
パワーリザーブ
55 時間
石数
ルビー19石、ダイヤモンド1石
機能
時/分/6時位置のオフセンター・セコンド ストップセコンド

原点に戻る」 – ラング&ハイネの五代目ムーブメントの開発にあたり掲げた課題:シンプルな3針の時計が精緻な手法により洗練された仕上がりとなっていることは言うまでもありません。

キャリバーVI はキャリバーVに基づき、三角形の輪列ブリッジの形を踏襲しています。安定した歩度で、精緻な時計に要求される重要な機能のみを搭載しながら、他とは一線を画する、それがラング&ハイネの時計です。

詳細キャリバーVI

アクセサリー

Write us*


Please leave this field empty.

Send us a short note or suggestions.

* Your message remains confidential and is not published.

If you wish to get a reply, please leave your e-mail-address here: