ゲオルク

その時が訪れました。ゲオルクはラインやエッジを強調したかつての姿を再興するモデルで、手首を飾るスクエアケースの優れた品格がひときわ目を惹きます。

ケース
[[var.haus]]
ダイヤル
[[var.blattfarbe]]
[[var.zeiger]]
[[var.zeigerfarbe]]
「お問い合わせください」
巧緻な精密装備
キャリバー
マイ ラング・アンド・ハイネ

仕様

ケース
ムーブメント
ダイヤル

その時が訪れました。ゲオルクはラインやエッジを強調したかつての姿を再興するモデルで、手首を飾るスクエアケースの優れた品格がひときわ目を惹きます。

丸みを帯びた形状によってしっくりと腕に馴染みます。特大のオフセンターのセコンドダイヤルによって一秒一秒にふさわしい価値が与えられるのです。エナメルダイヤルは絹のような美しさでキャリバーVIIIの上に輝いています。時計のムーブメントとしてのこの作品は、その開放的な性質と職人技において再び新たな基準を示すものといえるでしょう。


このモデルの背後にいる支配者は ? モデル名の由来 ゲオルク

キャリバーVIII

大きさ
34 mm x 26,5 mm
厚さ
4,8 mm
振動数
18,000 振動/時(2.5 Hz)
パワーリザーブ
55 時間
石数
ルビー19石、ブリリアントカットのダイヤモンド1石
機能
時/分/6時位置のオフセンターセコンド ストップセコンド

新しく、角とエッジを備えたラング&ハイネの作品が登場します。

大きく明快な金型を通して見られる、ゴールドの輪列、レバーやバネは隠してしまうには惜しいものです。前衛的なステンレススチール製のブリッジ、丸みを帯びた表面とポリッシュ加工をほどこした石受けを備えるテンプ受けは、光を取り込みながら同時にあらゆる角度に光を放ちます。さまざまな形や素材、ポリッシュ加工やマット加工をほどこした表面のコントラストによって、作品に深さと幾何学的な印象が生まれます。時計師というのは、限りなく美しく小型化された仕組みをつかさどる建築家であるといえるでしょう。

詳細キャリバーVIII

アクセサリー

アリゲーター製のストラップには、レッド・ブラウン、ダーク・ブラウン、ブルー、ブラックの4色があります。
ケースとマッチしたピンバックルとフォールディング・クラスプ
高度な職人技によりハンド・エングレービングされたルイ15世針、完璧なポリッシュ仕上げがなされたスペード型やカテドラル型の針、どれにするかお決めください。私たちは喜んでアドバイスいたします。

Write us*


Please leave this field empty.

Send us a short note or suggestions.

* Your message remains confidential and is not published.

If you wish to get a reply, please leave your e-mail-address here: