モーリッツ

モーリッツには、クラシックなシンメトリーのダイヤル配置ですべてのカレンダー機能が備わっています。

ケース
[[var.haus]]
ダイヤル
[[var.blattfarbe]]
[[var.zeiger]]
[[var.zeigerfarbe]]
「お問い合わせください」
巧緻な精密装備
キャリバー
マイ ラング・アンド・ハイネ

仕様

ケース
ムーブメント
ダイヤル

モーリッツには、クラシックなシンメトリーのダイヤル配置ですべてのカレンダー機能が備わっています。

シルバー無垢のダイヤルにはサンドブラスト加工、一段低くなったサブダイヤルのエッジにはダイヤモンド加工およびロジウム加工がほどこされています。ムーンフェイズはスモールセコンドで表示され、12時位置の太陽入射角表示の反対側に位置しています。地球と月のディスクはゴールドでフライス加工され、七宝焼きのエナメル技法によって色付けされています。日付と曜日は3時に、月はその反対側の9時に位置しています。センターにポリッシュされたゴールド製のシャトンの昼夜表示が備わり、その姿が完全なものとなります。


このモデルの背後にいる支配者は ? モデル名の由来 モーリッツ

キャリバーIII

直径
16 ¼ ライン (36.6 mm)
厚さ
7,1 mm
振動数
18,000 振動/時
パワーリザーブ
46 時間
石数
ルビー19石、ダイヤモンド1石
機能
6時位置のオフセンター・セコンド、3時位置の曜日表示 6時位置のムーンフェイズ、9時位置の月表示 4時位置の昼夜表示 12時位置の太陽入射角表示

伝統的な時計作りとそれに求められる美しさの両方に細心の注意を払いながら、キャリバーIに基づいてモデル「モーリッツ」のためのキャリバーIIIが開発されました。裏側はキャリバーⅠによく似ていますが、いくつか変更が加わっています。

二番車から四番車への距離を短縮し、大きなサブダイヤルの表示を付け加えるスペースを確保しました。巻き上げ機構を新しく設計し、第3(中間)のリューズポジションで日付、月と太陽入射角の表示をできるだけ素早く調整できるようにしています。

カレンダー表示の機構全体を、厚さわずか1.5mmの追加プレートで支えています。午前零時ちょうどに始まる日付と曜日の瞬時切り替えは確認にやや時間がかかる技巧です。

詳細キャリバーIII

アクセサリー

アリゲーター製のストラップには、レッド・ブラウン、ダーク・ブラウン、ブルー、ブラックの4色があります。
ケースとマッチしたピンバックルとフォールディング・クラスプ
高度な職人技によりハンド・エングレービングされたルイ15世針、完璧なポリッシュ仕上げがなされたスペード型やカテドラル型の針、どれにするかお決めください。私たちは喜んでアドバイスいたします。
プレートやテンプ受けへの刻印例

Write us*


Please leave this field empty.

Send us a short note or suggestions.

* Your message remains confidential and is not published.

If you wish to get a reply, please leave your e-mail-address here: